こんにちは、浜谷涼平です。

 

僕はホームページの製作、ランディングページの製作の依頼を受けるとWordpressで製作します。

 

それはなぜか?

 

僕が作ったページ(サイト)が僕の手を離れて

お客さんが自ら更新する状況になっても更新・変更がとても簡単にできるからです。

(Wordpressしか使ったことがないというのもありますが笑)

 

それにお客さん自身がもともとWordpressを使用して

ブログ、自社サイトを運営している方が多いので、必然的にWordpressでの製作が多くなっています。

 

では、何がそんなに良くてみんな使っているのか?がちょっと気になるところですよね?

 

何個かメリットを挙げるとすれば

  1. レンタルサーバーにダウンロードするのが簡単。エックスサーバーを例に挙げると「サーバーパネル」の中に
    「自動インストール」というのがあるので、そこから情報さえ入れてやればすぐにWordpressをインストールすることができます。
  2. 更新・編集が簡単。先にも書きましたが、ブログの更新はもちろん、ページのデザインの変更も
    すでにデザインされているテーマ(テンプレート)が何万種類もあるので
    すぐに自分のページを完成させることができます。
  3. 無料使える。これが一番多いのではないでしょうか笑
    レンタルサーバーさえ借りてしまえば、Wordpressは無料なので一月に数百円か〜数千円で
    コストを抑えてページが作れてしまいます。
  4. 消されない、広告が入らない。ブログだけしかやらないのであれば、無料で使えるブログサービスを使うのも良いのかもしれません。
    しかし、ブログサービスは最終的には自分のものではありません。
    広告も入って見ずらくなったり、覚えがない違反行為でいきなりブログ削除なんてことも多いと聞きます。
  5. 機能が豊富。Wordpressにログインするとすぐに投稿、固定ページなどテーマにもよりますが
    CTA(コール トゥ アクション)やLP(ランディングページ)などの作成ができるものもあります。
    さらに、使いたい機能があるときはプラグインで機能を増やすこともできますので
    そのテーマに機能をプラスすることもできます。

 

と、5つメリットをあげましたがいかがでしょうか?

良いところをあげだすとあと23個くらい出てきて長くなりそうなので

このくらいにしておきますが、良いところもあるということは悪いところもあります。

デメリットですね。

 

 

でも、僕が考えるデメリットは2つしかありません。

 

『サイトのハッキング』と、『公式テーマ以外を使用してのページの不具合』

 

この2つです。

 

でも、ハッキングといっても「ブルートフォースアタック」といって

片っ端から思いつく限りのパスワードを管理画面に入力して侵入するやり方が主流のようです。

 

なので、パスワード生成ツールなどを使って長く意味のない大小の英文字、数字、記号を

混ぜたものでクリアできますし、心配であれば『SiteGuard WP Plugin』などの

セキュリティプラグインを入れることをオススメします。

 

ページの不具合が起きるというのも僕が今まで製作してきた中で

そういった不具合は出たことはありませんし、無料の公式テーマ以外のテーマを使わなければこちらも防ぐことができます。

もちろん、公式でなくとも有料のテーマではこういった不具合は出づらく

もし出たとすればテーマ製作者に連絡すればすぐに改善できると思います。

 

WordPressはとても便利なツールです。

適切に使えば全く問題がなく使えます。

 

人間は悪いところに目が行きがちで良いところが見えなくなることが多いです。

でも、それで行動できないのは勿体無いです。

 

良いところも悪いところも自分で調べて、確認して、考えて使ってみることが大切だと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加